2005年10月23日

『ころちゃんはだんごむし』

4494003271ころちゃんはだんごむし
高家 博成 仲川 道子
童心社 1998-06

by G-Tools


だんごむしって、けっこうカワイイと思いません?(笑)
これまた子どもが好きで、よく捕まえてますよね。
ちゃんとメスとオスの区別もつけられたり・・・
背中の模様でしたっけ??

この絵本・・・
だんごむしのころちゃんはおにいちゃんやおねえちゃんとお散歩に出かけるのですが、
いろいろなものに興味があって、
気がつくとはぐれてる〜〜〜(ToT)

そうこうしてるうちにモグラの穴に・・・あーーーれーーー(ToT)

で助けてくれたのは、土の中にいた・・・
ある虫の子どもでした〜

ありがとう〜〜(^^♪

そしてその虫の子は、土から出て、
木に登り大人になろうとしていました・・・

さあ、もうお分かりですね。この虫。
答えは絵本見てくださいね。


・・・・・・
ダンゴムシの絵本や図鑑って、けっこうありますね。
検索してみたらいろいろ〜〜

来年の自由研究はダンゴムシにしようかなぁ〜(笑)
posted by なべまま at 14:16| Comment(0) | TrackBack(1) | ほのぼのする絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ぐりとぐらかるた
Excerpt: 3歳の息子に初めてのかるたをぐりぐらにしてよかったと思いました。子どもの好きな絵本やキャラクターものだと言葉に偏りが出てしまいますが、このぐりとぐらのかるたは、日本語の柔らかさや優しさ、聴き心地のいい..
Weblog: ちひろの日記
Tracked: 2008-02-16 14:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。