2005年09月10日

『かたつむりとさる』

4834014509かたつむりとさる―ラオス・モン族の民話
安井 清子

by G-Tools


変わった絵本の挿絵ですね〜
だって、刺繍だよ〜!すごい!

それもおどろいたのが子どもたちが刺繍したらしい
ラオスのモン族というところの子どもたちだそうです・・・
こちらがこの本の著者の方のhpになりますが・・・。)

まだまだ世界にはいろいろな国があっていろいろな事情があって・・・
子どもがネットをするような日本とは違いますね。

でもこんな素敵な刺繍ができるってとても素晴らしい〜〜

便利になりすぎて、不器用な子どもたち・大人が増えつつある現在・・
ふと考えてしまいますが。これでいいのかって。
一度便利になると絶対元には戻れない・・・よね。


さて、この本。


まぁ「うさぎとかめ」とかその手のお話と同じなんですけどね。

かたつむりの方が頭がよかった?ということで・・・(^_^;)
あんな小さな頭で?脳みそあるの?というツッコミはなしでよろしく〜♪

三人三びき寄れば文殊の知恵ってとこでしょうか〜?
posted by なべまま at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の昔話・民話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。